HOME taste【ホームテイスト】

採用情報

代表メッセージ

「為せば成る」

お取引先と共に、良い家具を低価格で、お客様満足度100%を ホームテイストは、快適な暮らしを提案するインテリアタリエイターを目指します。

代表取締役 柴田 治

ゼロからスタートした自信が私達の最大の武器

私は、大学を卒業して専門商社に15年間勤めさせていただきました。
新規事業の消費財部門の新規得意先開拓や営業を担当させていただきました。 当時、営業になりたての時にいきなり「柴田くん、今月の目標は?」と上司の方に聞かれ、私は「何を売ったらいいですか?」「どの得意先に行けば良いですか?」とお聞きしますと上司の方から「自分で考えろ。」と厳しくもあり、少し笑顔で部下へ愛情のある表情で言われた言葉が私の営業時代のすべての始まりでした。
当時は、売り先もない、商品もわずかという状態での営業活動のスタートでしたが、今では大きな事業部に成長されています。
15年間専門商社での仕事に奮闘しましたが、父が亡くなり、ふと、人生を振り返った時、どうしても「自分で商売がしてみたい。」という気持ちが大きくなりました。 専門商社時代の新規事業の営業に携わらせて頂いた経験のおかげで、今の私の自信に繋がっています。当時、大変お世話になった上司の方や同僚・後輩・お取引先様に心から感謝しております。

専門商社時代はとにかく忙しくて、数字に追われる日々でした。もっと市場調査や分析を完壁にして、もっとじっくりと、もっとスローリーに、もっとお客様を向いた商品開発がしたいとただ漠然に思っていました。「微力でも世の中に少しでも役になれる仕事は?私に何ができるだろう?」と2ヵ月程考えました。
私にできることは、専門商社時代の経験を生かした仕事しかないという結論に行き着きました。それから、付加価値のある商品開発を目指して起業することにしました。リビング・ダイニング・キッチン・ベットルーム・ガーデンで使われる商品に絞り込んで、お客様に喜んでいただける、味わいのある商品(差別化)を提供する事業を目的として、社名を「HOME TASTE」とつけました。

お客様満足度100%のインテリアクリエイターに

私達のゴールは、実用的で品質の良い家具を低価格で提供するインテリアクリエイターになることです。 私達の中でのインテリアクリエイターとは、お客様満足度No.1を目指した企画・デザイン・生産工場の選定・材料の調達・販売方法・売場作り・POPや販売ページの作成・広告戦略・物流・アフターフォローまでの全体を創造して行くことです。
私達に必要なのは、優れた商品力、強い営業力、質の高い物流力、戦略的なシステム力、安定したオペレーション、そして情報を共有しスピーディに対応するプロの人財が必要です。
そして、その土台として「ホームテイストの価値観・行動規範」をしっかりと根付かせ、人と人との心のふれあい、助けあいを大切にしながら全員が同じ方向に向かってチャレンジして行く、強い組織作りを目指します。

良い家具を低価格で

私たちは、お客様満足度100%の良い家具を低価格で提供するインテリアクリエイターになるという目標を実現したいと考えています。そのためには、多くの困難を乗り越えないといけません。それをひとつずつ全力で考動しながら乗り越えて行くことの繰り返しが、さらに強い組織を作り、強い戦略に繋がって行きます。それを、実現し、日本中の人々にお客様満足度No.1と支持される良い家具を低価格で提供することが、ホームテイストの使命であると考えています。

「為せば成る」
価値観を共有できる人と

私達にとって、ビジネスは自分自身が幸せになるために働こうという感覚です。
ただ、経済的にたくさんの収入を得て豊かになるというだけでなく、働くひとりひとりが健全な気持ちで仕事に取り組むことが大切だと考えています。
お互いを理解し、助け合い、一丸となったチームワーク力で仕事を進めて行けば成功します。同じ仕事をするのであれば、楽しく前向きにチャレンジし、仕事で勝たなければ意味がないです。自分に厳しく自らを追い込み目標に向かって何が何でも達成することこそが重要です。
目標をクリアできなかった時に、自分に言い訳するのではなく、次にどうすれば達成できるかを前向きに考え、ポジティブな思考力と強い意志で、再びチャレンジして行く。この努力や頑張りから、初めて、仕事の達成感や面白さが生まれてくるのではないでしょうか。
「為せば成る」やるか、どうかです。心が折れそうになっても諦めないで最後まで頑張れば、必ず成功します。
ホームテイストには果てしないフィールドがあります。大きな夢を持ち、それを実現させるめに力強く、チャレンジし続けて行きたいと思っています。

代表取締役 柴田 治

社員対談

真のスキルアップを目指して。

柔軟な創造力を養う為のローテーション人事。
実際、どんなシステムなのか?体験してどう感じたのか?
働きたいと思った理由などについて語り合ってもらいました。

社員対談
新卒採用
中途採用
menu